「南のおつまみ道場」カテゴリーアーカイブ

台所のよっぱらい「皮から作る焼き餃子」《2021年3月10 日放送》

♫作り方(2人前)

★まずは、皮を作りましょう

①強力粉 ( 50g ) 薄力粉 ( 60g ) 塩ふたつまみをボールに入れて、熱湯 80cc を注ぎ箸でかき混ぜる、粗熱が取れたら5分ほどこねる

②良い具合にまとまったら棒状にして 12 から16 個ぐらいに分ける。計量して何個にするか計算するも良し、その小分けしたものを球状に全て丸めて片栗粉小さじ1ほどふってくっつかないようにころころしてラップし30分ほど寝かせる

③ステンレスの台の上でも大丈夫、打ち粉の片栗粉をふってその球状のものを、手で押し潰し麺棒などでコロコロ両面するのだ大きくても小さくても、円でなくても大丈夫、それなりの餡を詰めればいいのです

♡家族でやったら楽しいと思いますよ是非

★では、餡を作りましょう

①今回は、4分の1ほどにカットされた白菜を2枚、みじん切りにし塩ふたつまみして揉み 10 分ほど置いてよく絞る、青ネギ3本を小口切りにしておく

②豚ひき肉 200g に塩をひとふりしよく混ぜ、醤油・胡麻油をそれぞれ大さじ 1 、砂糖、鶏がらスープの素・酒・みりん各小さじ 1 、生姜すり下ろし一片分、胡椒を少し加えてよく混ぜ馴染んだところで青ネギと白菜をざっくりと混ぜる

③段取りとしては、皮を30分寝かせている間に餡を作るのがベストです。不揃いな皮に餡を詰めて手で封をしていけば良いのです

④水は、いりませんくっつきます

⑤強火のフライパンにサラダ油を引いてくっつかないように並べ2、3分してチリチリ言い出したら熱湯を餃子の3分の一ほど浸かるぐらい入れ蓋をして強火のまま5分ほど待ちます

⑥水がほとんど飛んだら火を止めごま油を回しかけて皿に盛れば出来上がり

★南の一口メモ

いつものように醤油で食べてもいいですが、お勧めは塩に

カイエンヌペッパー粗挽き少々とオリーブオイル、これが絶品です

ビールが進む進む、どひゃ〜〜!

台所のよっぱらい「簡単チリコンカン」《2021年3月3日放送》

♫作り方(2人前)

①まずは、玉ねぎ半分をみじん切りにしておく

②鍋にオリーブオイルを引いて火にかけ豚ひき肉150gを炒める

③火が通ったら大豆の水煮小さめの1缶を入れる ( 100g )、刻んでおいた玉ねぎも加えて炒める

④程よいところでカットトマト缶 ( 400g ) を加え塩を適量、チリパウダー少々、中濃ソース大さじ 2 、摺り下ろしニンニク小さじ 1 を入れて煮込む、これで出来上がりです簡単

★南の一口メモ

いつものように味付けが結構大変、自分の好みでやってください

一味唐辛子にするとか、味噌だ醤油も入れるとか

たまたまあったタバスコを入れたらもろ昭和の味になってしまってこれには、アントニオ猪木も驚いた

皿に盛ってパセリをふりクラッカーか小さなパンでお食べください。ビールのおつまみにもってこいです

台所のよっぱらい「鶏むね肉のピカタ」《2021年2月24日放送》

♫作り方(2人前)

①鶏胸肉は、幅広のを買いましょう

②それを半分の厚さに切り一口台の大きさに切ります。そして両面に塩胡椒をしておきます

③ボールに卵一つを割り入れパルミジャーノ・チーズを大匙 2 程入れてかき混ぜて鶏肉をくぐらせます

④中火のフライパンにバターを適量ひきその鶏肉を焼いていきます

⑤両面に焼き色が付いて火が通ったら野菜を添えて盛れば出来上がりです、

★南の一口メモ

とても簡単そして軽いのが良い

味付けは、ケチャップ、ウースター・ソース、醤油何でもいいと思います。

ぼくは炒めたフライパンにケチャップとソースを入れてかけましたが、味が濃かったですね

パルミジャーノも塩分が強いので先ずは、何も付けずに食べて、そこから考えたほうが良いのかもしれません

本当に簡単でお弁当のおかずにもピッタリな逸品です

是非お試しあれ

台所のよっぱらい「簡単すき焼き」《2021年2月17日放送》

♫作り方(2人前)

①しらたきは袋から出し、ひとつまみの塩を入れて揉み熱湯で1分程煮て、取り出し水気を切っておく

②春菊1束は、根元を切って5センチ幅に切る、椎茸は、軸を切り取り傘に切り込みを入れておく。長ネギ1本は、根元を切り落とし1センチ幅の斜め切りにする

③豆腐一丁は、一口大に切り、しらたきは、食べやすい長さに切る

④鍋に牛脂を入れて溶かし長ネギを焼き色が付くまで炒める

⑤そこに牛肩ロース 200g を入れて焼きます。牛肩ロースの色が変わって来たら割り下を入れる

⑥割り下は、料理酒 100ml 、みりん 100ml 、醤油 100ml 、ザラメ 20g、前もって作っておきましょう

⑦分量を正確にすると美味しいし、ちょっと醤油が濃かったなと思ったら数値で減らせるので便利です

⑧煮立ってきたら火を弱火にして春菊、椎茸、豆腐、しらたきを入れて10分から15分ほど煮込む

★南の一口メモ

待ちきれない場合は、肉から卵をつけてお食べください

そのうちに段々みんな煮えて来ます

やっぱりすき焼きは、御馳走だな

肉は、多めに買っといた方が良いよ 無いと悲しいから

温かくした部屋ですき焼きをつつきなから ビールが旨いのです

台所のよっぱらい「ブラックカレー」《2021年2月10日放送》

♫作り方

①圧力鍋を使います、ない人は煮込み鍋で、牛スネ肉 200g を一口大に切って塩胡椒しておく

②玉ねぎ1個を薄切りにして熱した鍋にバターを適量入れ、クミンシード(これも適量です)ニンニク1かけ分のみじん切りを入れて、その玉ねぎが飴色になるまで 15 分ほど炒める

③それを脇に寄せ、そこに牛肉を入れて炒め焼き色がついたら、水を 500ml 入れて灰汁を取りながら圧力鍋で 15 分、煮込み鍋で60 分ほど煮込む。圧力鍋は、圧が抜けるまで充分待ちましょう

④フライパンを弱火で熱し薄力粉を 20g 入れ焦げないように大体20 分ぐらい茶色くなるまで木べらで炒める、そこにカレー粉を30g、有ればカルダモン・パウダーを少々入れて、弱火でさらに 10 分ほど炒め合わせ、最後に有塩バターを 10g 入れてひとまとまりにして鍋に入れ混ぜ合わせる。

⑤弱火で加熱し粉っぽさがなくなったらカレールーを 15g 程を刻んで入れ、ウースター・ソース少々、ケチャップ少々入れ塩で味を整えて、出来上がり。

★南の一口メモ

作った日より次の日のほうが断然美味しくなります

味を整えるのが大変ですが頑張ってみてください

ビールを飲みながらやるのも結構楽しいですよ

台所のよっぱらい「簡単トルティーヤ」《2021年2月3日放送》

♫作り方

①トルティーヤ 5,6 枚入ったものを買う。食べる枚数だけラップして電子レンジで 20 秒程加熱

②アボカド一つを半分に切り、種をとって皮を剥きボールに入れる、ツナ缶 70g を油を切って混ぜ、マヨネーズ大さじ 1, レモン汁大さじ 1/2, を入れフォークでつぶしながらよく混ぜる

③生姜焼き用の豚ロース 200g は、簡単に筋を断ち軽く塩胡椒して、小さなボールに入れ、醤油大さじ 1, 酒大さじ 1,摺り下ろし生姜小さじ 2, 砂糖小さじ 1, を加え混ぜよく揉み込む

④フライパンを熱し油を入れて豚ロースを中火で焼く

⑤焼き色が付いたら裏返して程良いところでお皿に盛る。トルティーヤを拡げてアボカドのペーストを適量塗り。、タスの上に2・3枚ほど豚肉を乗せトマトを散らしたら出来上がりです

★南の一口メモ

野菜もお肉もたくさんバリエーションが出来ると思います

今度は、鶏肉でやってみようかと思っています

夜お酒を飲んだ後に食したら殊の外軽かったので是非試してみてください

テキーラでも飲みたくなりますね

台所のよっぱらい「カジキのデミグラスソース」《2021年1月27日放送》

♫作り方(2人前)

①ニンジン1本皮をむいてスライサーで千切りにしておく

②ボールにオリーブオイル大さじ1、お酢大さじ1、蜂蜜小さじ1、塩小さじ 1/4 、胡椒少々を入れてよくかき混ぜ乳化させる。そこにニンジンを入れてかき混ぜ休ませておく

③カジキ2枚は、両面に軽く塩胡椒をし薄く小麦粉をまぶす

④フライパンを熱しサラダ油をなじませカジキを並べ入れ中火で焼きます。

⑤良い焼き色が付いたら裏返し中まで火を通しお皿へ

⑥フライパンの油を軽く拭いて赤ワイン 100ml を強火で、半量になるまで煮詰め、ハインツの小さなパックになったデミグラス・ソース ( 50g ) を入れて一煮立ちしたらカジキにかける

⑦休ませておいたニンジンを添えれば出来上がりです

★南の一口メモ

子供たちが好きな味かも、意外と簡単に出来ます

カジキの良いやつは結構な値段がしますが是非試してみてください

お供は、やっぱり赤ワインかな

台所のよっぱらい「ねぎツナの卵焼き 土井善晴風」《2021年1月20 日放送》

♫作り方

①ねぎ一本の半分ぐらい、この時は関東ねぎでした。青いところを含め小口切りにしておく

②ボールに卵4個を割り入れて溶き、砂糖大さじ1、醤油小さじ1、ねぎ、ツナ1缶 ( 140g ) を油ごと加え混ぜ合わせる

③卵焼きのフライパンを熱し油を入れなじませて、3回卵液を入れる

④イメージで先ずは最初に多めに入れる、ぷくぷくと焼けてきたら、奥から手前に三つ折りにして巻く、それを奥に寄せて油をぬって、卵液を入れ重ねて巻くを繰り返す

卵4個なのでかなり大変、ねぎは好きなものでやって下さい

京ねぎがあれば良いんだけどね

大根おろしを添えて召し上がれ

台所のよっぱらい「ウィンナー豆腐炒め」《2021年1月13日放送》

♫作り方

①ウィンナー3本は小口切りにして軽く潰す、豆腐半丁はキッチンペーパーで包んで、600w の電子レンジで2分ほど加熱し水切りしておく、卵一つをといでおく

②フライパンに油を熱し荒く切った豆腐を炒め塩をして、少し焼き色が付いたら取り出し、また少し油を加えてウィンナーを炒め、豆腐を戻して醤油を少々まわし入れる

③溶き卵を加え全体にからめて仕上げる、味が足りなければ塩か醤油で調整する

★南の一口メモ

ブログにアップする写真は、残った菊菜を2本ほど入れて作ったもの

土井善晴さんのアレンジですが、これはハマってます

オカカをかけたり、納豆をのせたり、朝ごはんにとても簡単で良いです

子供たちも喜ぶ一品かと思います、ぜひ作ってみてください

台所のよっぱらい「タラと豚バラと豆腐の甘辛炒め」《2021年1月6日放送》

♫作り方(2人前)

①絹ごし豆腐 ( 小 ) 一丁をキッチンペーパーで包み耐熱皿にのせて600w の電子レンジで 2 分半加熱する、粗熱が取れたらしっかり水切りしておく

②豚バラ4枚ほどを4当分に切る、鱈の切り身一枚を塩、胡椒し薄力粉をふって3当分に切っておく

③甘辛炒めの調味料を混ぜ合わせておく、醤油大さじ1、酒大さじ1、みりん大さじ1、砂糖大さじ1に豆板醤小さじ半分、麻辣醤小さじ半分、( 麻辣醤がなければ豆板醤小さじ1で ) それらを混ぜ合わせておく。

④フライパンに油を熱し切った鱈を入れて少し焼き目かつくまで炒める、それに豚バラを加えて炒め合わせ頃合いをみて豆腐を投入し炒め、作っておいた調味料を入れて炒め煮にする

⑤具材に味が染みたなと思ったら火をとめて器に盛って、お好みで小ネギを散らせば出来上がりです

★南の一口メモ

ちょい辛い味付けで酒のお供にピッタリな一品です

麻辣醤は、麻婆豆腐にも使えるのでとっても便利です

辛さは、自分の好きな感じで調整してください